馬橋稲荷神社の御朱印やご利益について!お守りの種類はどれくらいある?


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4/5 - (1 vote)

2024年に行くべきといわれている馬橋稲荷神社を

ご存じでしょうか?

そんな馬橋稲荷神社の御朱印やご利益などについて調べてみました。

この記事でわかることは、

馬橋稲荷神社とは
馬橋稲荷神社の御朱印やご利益
馬橋稲荷神社のお守り

という内容で届けいたします。

どんなご利益があるのか注目です。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

馬橋稲荷神社とは

出典元

東京の阿佐谷南にある馬橋稲荷神社は、双竜の鳥居と都内最大級の隋神門の鈴で知られ、

パワースポットとして人気を集めています。

鎌倉時代に創建されたこの神社は、天保年間に京都の白川神祇伯家から

「正一位足穂稲荷大明神」という神号と神体を授かりました。

明治40年には周辺の複数の神社を合祀し、厳島社や斎霊殿などの末社も境内に設けられています。

祭神には、活力と成長を司る稲荷大神と、神からの啓示を象徴する御嶽大神が祀られており、

訪れる人々に力と導きを与えています。

馬橋稲荷神社の御朱印やご利益

御朱印

出典元

馬橋稲荷神社では、オリジナルの御朱印帳を頒布しており、

これは布製で2種類のデザインがあります。

ただし、御朱印帳のみの販売は行っておらず、初穂料は1500円です。

ご利益

馬橋稲荷神社は、商売繁盛、良縁成就、学業成功など多様な神恩を授けることで知られています。

特に、本殿で祀られている稲荷大神により、商業の繁栄や願い事の成就に

特化したご利益が期待されています。

また、この神社は水の神様も祀っており、龍神の力も強く、様々な福を呼び込む場所とされています。

インターネット検索では「恋愛」というキーワードがよく連携され、

良縁を結び悪縁を断つ力があるとされ、縁結びを願う女性たちにとって人気のスポットになっています。

多くの著名人やメディアによって紹介されており、その名声は広く知られています。

馬橋稲荷神社のお守り

出典元

馬橋稲荷神社では、昇龍を象徴とした「昇龍守り」や、日本の伝統的な魂の観念に基づいた

「四魂のお守り」など、多種多様なお守りが人気です。

「四魂のお守り」は、荒魂、和魂、奇魂、幸魂を表し、それぞれの力を象徴しています。

出典元

また、願いを叶える力があるとされる「願掛け狐」のお守りも、その可愛らしさと効果で注目を集めており、

SNS上では実際に願いが叶ったという声も多く見られます。

これらのお守りは、参拝者にとって心強いサポートとなり、神社のご利益を身近に感じさせてくれます。

こちらの神社の記事もおすすめです!

大室たかお神社の御神水やお守りがすごい?ペットの同伴はOKなの?

安房神社(館山)金運と御朱印のご利益がやばい?お守りとブレスレットは手に入れろ!

冨士御室浅間神社【スピリチュアル】金運カードの効果や入れ方について解説!

まとめ

馬橋稲荷神社の御朱印やご利益について!お守りの種類はどれくらいある?という

内容でお届けしました。

今年2024年にはこの神社に行くのがよいようです。

その際にはお守りや御朱印をぜひ利用してみてくださいね。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次