厄年にやってはいけない事とは?やるとよい事も男女別で解説!


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4/5 - (4 votes)

厄年は誰にでも来るものですよね。

厄年になるとお祓いをしたりして

悪いことがあると厄年だから?と思ったりします。

そんな厄年にやってはいけない事を調べてみました。

この記事でわかることは、

厄年って何?
厄年にやったらいけない事
厄年にやるとよい事

このような内容になっています。

厄年には何をすればいいのでしょうか!

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

厄年って何?

厄年は、人生において心身共に不調が生じやすい重要な転機とされる時期です。

日本では古くから、このような節目を特に注意して過ごすべき「厄年」と認識し、

避けるべき時期として認識してきました。

現代でも、厄年には特別な注意を払うべきという考えが根強く残っています

年齢には多少の変動があるものの、通常、男性は数え年で25歳、42歳、61歳が厄年とされ、

女性は19歳、33歳、37歳、61歳がそれにあたります。

前厄・本厄・後厄

厄年は「本厄」として知られる年齢を中心に、その前年を「前厄」、翌年を「後厄」として、

合計3年間が特に注意を払うべき時期とされています。

この期間中、人々は積極的に厄除けの行動を取ることが推奨されます。

特に、男性の42歳と女性の33歳の本厄は、「大厄」と称され、これらの年齢では

更なる注意が求められるとされています。

2024年・女性の厄年

2024年に厄年を迎える女性は、数え年で19歳、33歳、37歳、61歳にあたります。

2024年は2005年、1991年、1987年、1963年に生まれた女性が、

それぞれ19歳、33歳、37歳、61歳の厄年を迎えることになります。

特に33歳は「大厄」とされ、より一層の注意が必要とされています。

2024年・男性の厄年

2024年に厄年を迎える男性は、数え年で25歳、42歳、61歳になります。

これは、一般的に認識されている男性の厄年の年齢です。

2024年には1999年、1982年、1963年に生まれた男性が、

それぞれ25歳、42歳、61歳の厄年を迎えます。

特に42歳は「大厄」とされ、より一層の注意が必要とされています。

厄年にやったらいけない事

厄年にはやらないほうがいいことがあるんです。

参考にしてみてくださいね。

何か新しいことをする

厄年には、人生の大きな転機や変化が訪れやすいとされ、新しいことを始めることに対して

慎重になるべきという考えがあります。

この時期は心身ともに不安定になりやすく、新しい挑戦が予期せぬトラブルやストレスを

引き起こす可能性があるためです。

従って、厄年の間は大きな決断や人生を変えるような新しい取り組みを避け、

現状維持や内省に重点を置くことが推奨されます。

この慣習は、不運を避け、平穏無事に厄年を過ごすための伝統的な知恵として受け継がれています。

大きな行動

厄年には、大きな行動や決断を控えるというのが一般的な考え方です。

これは、厄年が心身共にトラブルに見舞われやすい時期とされているため、

新しい挑戦や生活の大きな変更が思わぬ困難を招く可能性があると考えられています。

そのため、この期間は自己の内面に目を向け、安定した日常を保つことを優先し、

可能な限り穏やかに過ごすことが推奨されています。

この慎重な姿勢は、厄年を無事に乗り越えるための伝統的な知恵として、

多くの人に受け継がれてきました。

厄年を気にしすぎる

厄年を過度に気にすることは、時に不必要なストレスや不安を引き起こす可能性があります。

厄年に関する伝統的な信念は、個人の精神的な安定や幸福を守るためのものですが、

これを過剰に解釈することで、逆に日常生活に影響を及ぼすこともあります。

自然な注意を払いつつも、厄年の意味を理解し、バランスの取れた

心構えで臨むことが大切です。

過度の心配よりも、前向きな姿勢と健康的な生活習慣を維持することが、

厄年を乗り越えるための鍵となります。

無理しすぎる

厄年には、特に体調管理に注意し、無理な行動は避けることが重要です。

この時期は心身共にバランスを崩しやすいとされ、過度なストレスや無理が

健康問題を引き起こす可能性があります。

日常生活では、適度な運動、バランスの取れた食事、十分な休息を心がけ、

自己の限界を理解し、過剰な負担を避けることが肝心です。

また、精神的な負担も軽減するために、趣味やリラクゼーションを通じてストレスを

解消することも大切です。

このようにして体調を整え、穏やかに厄年を過ごすことが推奨されます。

厄年にやるとよい事

女性が厄年にやるとよい事

男性ももちろんそうなのですが、神社での厄除け祈願は、厄年を迎える際に不運を避け

平穏無事を願う一つの有効な手段です。

神社では、厄年の人々に対して特別なお祓いや祈祷を行い、厄払いの儀式を通じて、

個人の身に降りかかる可能性のある不幸や災いを払い除ける祈りを捧げます。

このような祈願は、心の安定や精神的なサポートを提供し、自身をポジティブな

エネルギーで満たすことにも繋がります。

神社での厄除けは、自己の心身を整え、新たな年を迎える準備をするための

心強いサポートとなるでしょう。

また、厄年を迎える女性は、リラックスして過ごすことが特に重要です。

この時期、心身のバランスを保ちながら穏やかに日々を送ることで、厄年に伴う不調や

ストレスを軽減することができます。

リラクゼーションのために、趣味の時間を増やしたり、ゆったりとしたお風呂に浸かる、

瞑想や軽い運動などを取り入れると良いでしょう。

ポジティブな気持ちを保つことで、厄年の期間も平和に過ごすことが可能になります。

男性が厄年にやるとよい事

男性の厄年においては、環境整備を心がけ、部屋や職場をきちんと

整理整頓し掃除をすることが推奨されます。

清潔で整った環境は、マイナスのエネルギーを払いのけ、ポジティブな気持ちを保つのに役立ちます。

また、物理的な環境を整えることは、心理的なクリアさや集中力の向上にも繋がります。

厄年には特に、自分自身と周囲の環境に気を配り、調和を保つことで、

不運を最小限に抑え、安定した状態を維持することができるでしょう。

掃除を日常的に行うことで、厄年を乗り越えるための良い基盤を築くことが可能になります。

また男性の厄年においては、環境整備を心がけ、部屋や職場をきちんと整理整頓し

掃除をすることが推奨されます。

清潔で整った環境は、マイナスのエネルギーを払いのけ、ポジティブな気持ちを保つのに役立ちます。

また、物理的な環境を整えることは、心理的なクリアさや集中力の向上にも繋がります。

厄年には特に、自分自身と周囲の環境に気を配り、調和を保つことで、

不運を最小限に抑え、安定した状態を維持することができるでしょう。

掃除を日常的に行うことで、厄年を乗り越えるための良い基盤を築くことが可能になります。

こちらの記事もぜひご覧ください。

引っ越しをすると運気が変わる?タイミングとやめた方がいいサインも!

爪が割れたら運気が低下するの?まさかのスピリチュアルサインとは?

空亡【占い】どんなふうに過ごせばいいの?明けたら運気アップする?

まとめ

厄年にやってはいけない事とは?やるとよい事も男女別で解説!という

内容でお届けしました。

厄年は誰にでも来るのでぜひ過ごし方を考えてみるのもいいですね。

体の調子などには十分に気を付けてお過ごしください。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次