九紫火星(2024)男性・女性の特徴と恋愛運・吉方位まとめ!紹介でいい人と出会う?


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4.5/5 - (19 votes)

九紫火星の2024年の運勢が気になりませんか?

そこで来年の恋愛運や吉方位をココナラの由來さんに占ってもらいました。

この記事でわかることは、

九紫火星の男性・女性の特徴
九紫火星の生まれ月ごとの恋愛傾向
九紫火星の吉方位

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

九紫火星の男性・女性の特徴

九紫火星の男性の特徴

火のエネルギーを持つ九紫火星の男性は、情熱的で、何事にも

積極的に挑戦します。

新しいことに対する興味や好奇心も強いです。

自然な魅力を持ち、人々を引きつけるカリスマを有しています。

そのため、社交的な場面やリーダーシップが求められる場面での活躍が見られます。

直感に優れ、瞬時に状況を判断する能力を持っています。

感性豊かで、芸術的な才能を発揮することもあります。

変化に柔軟に対応する力があり、新しい環境や状況にもすぐに適応します。

安定よりも刺激を求めるところがあって

感情的になりやすく、気分の浮き沈みが激しい場合があります。

そのため、感情のコントロールには注意が必要です。

自立心が強く、自分の道を切り開く力があります。

束縛を嫌う傾向があるため、パートナーや周囲とのバランスを取ることが大切です。

九紫火星の女性の特徴

火の要素を持つ九紫火星の女性は、生活に情熱を持ち、何事にも

エネルギッシュに取り組みます。

積極的で、自分の興味を追求することに熱心です。

自然な魅力があり、カリスマ的な面を持っています。

社交的で、人々を引き寄せる能力があります。

状況や人の感情を敏感に察知する能力があり、直感に頼ることが多いです。

これが時には芸術的な才能として現れることもあり、

新しい環境や変化に柔軟に対応します。

刺激を求める傾向があり、冒険心が旺盛で、

情熱的な性格のため、感情が激しく動くことがあります。

喜怒哀楽がはっきりしており、感情表現が豊かで

自分の考えを持ち、独立して行動することを好みます。

束縛を嫌い、自由を愛する傾向があります。

人との交流を楽しみますが、自分の時間やプライベートな空間も大切にします。

バランスを取ることが重要です。

九紫火星の生まれ月ごとの恋愛傾向

人間関係が複雑になることがあり、ストレスを感じることも。

苦手意識を捨てて能力のバランスを磨くことで多方面で活躍が期待できます。

異性との関係は好き嫌いが激しく気が合う人とは性別を超えて親しくなります。

しかし苦手な人とは対立することがあるでしょう。

深い付き合いになるとわがままになったり独占したり嫉妬したり・・・。

あまり親密にはなりすぎないでちょうどいい関係を保つのがよいです。

紹介によっていい出会いにつながることも!

2024年 九紫火星の恋愛運

2024年、九紫火星の人は恋愛よりも仕事や趣味などに集中する

傾向が強くなりそうです。

恋愛面は一時的に背景に退くことになるかもしれません。

特にシングルの方は恋愛を意図的に休止し、他の活動に充実感を見出すでしょう。

この自主的な休止は精神的な充実をもたらすはずです。

一方で、パートナーや家族がいる方は、他の活動に没頭しすぎる

ことで家族との関係がおろそかになりがちです。

忙しくても、言葉遣いや態度で愛情を示すことが重要です。

気持ちとは裏腹に、行動で愛情を伝えることで家庭内の調和を

保つ努力が求められます。

1月生まれ

普段では好印象の人ですが、気分が高まると、行動に問題が起こって評価を

落としてしまうことが。

平常心を保っておくことが大事になります。

恋愛においては地道な努力が実るでしょう。

体調が安定していないと恋愛運も上がらないのでしっかり管理してください。

2月生まれ

自分の気持ちに正直な人です。

そのときの気分が表情に出てしまうので異性の前ではうまく

振舞うことができません。

無理をしないで付き合うことができる友達タイプがおすすめです。

この人だという相手がいたら積極的にアプローチしましょう。

ストレートに告白することがいい結果になります。

3月生まれ

口が堅い人なので秘密を守るタイプです。

誰からも信用されるので禁断の恋愛をしやすいかもしれません。

恋人との間でも秘密を作るので喧嘩の原因になります。

秘密を作るならばれないことが第一です。

4月生まれ

人に干渉されることを嫌がるタイプです。

自分から人付き合いを避けるところがあるのですが本当は

理想の出会いを期待しています。

幸せになるには自分から勇気を出して声をかけていくことです。

恋人がいる人は本心がわからないことでトラブルになるので

心を開いておけくことで信頼されます。

5月生まれ

相手を自分の考えのままに決めつけるところがあるようです。

そのせいか周りから誤解されやすくなります。

出会いが多いのですがなかなか深い仲にはなれないでしょう。

積極的に動くよりも謙虚になることが重要です。

6月生まれ

意見が合わなくなったときにも言い負かしてしまう人です。

恋愛では、無理に物事を進めないようにしましょう。

休みの日に出かけると刺激のある出会いがありそうです。

疲れているときは体調を整えると勇気もでてきます。

7月生まれ

相手のことを自分の思う通りに操縦しようとします。

恋愛においては相手よりも優位に立ちたいタイプになります。

相手のことを認めないと長続きしません。

相手の意見もしっかり聞いて自由に行動させてから

自分の思うようにすれば状況は変わってきます。

8月生まれ

目先の損得で物事を判断するところがあります。

軽はずみな行動は慎むようにしてください。

年上の人に連絡をしてみると好きな人との進展できる情報が得られます。

友達の手を借りずに1人で告白するほうがうまくいきます。

9月生まれ

小さいことにはとらわれないので前向きに行動できる人です。

暗くなることはないので誰からでも慕われます

告白されることも多いかもしれません。

恋人とはトラブルはなさそうですが問題があったら

異性の友達に相談しましょう。

10月生まれ

洞察力がとても鋭い人です。

どんな人の長所や短所も見抜いてしまうタイプです。

人に物足りなさを感じやすいでしょう。

まずは飛び込んでみるようすると相性がいい人が見つかります。

近くに相性がいい相手がいる可能性も。

11月生まれ

努力をしないで結果ばかり気にしてしまうところがあります。

まずはしっかりした土台を作ることです。

恋愛では、自分を磨くことから始めましょう。

積極的に交友関係を広げることが大事です。

12月生まれ

積極的な人で行動力にあふれているタイプです。

周りの人を引っ張っていきます。

人脈もどんどん広がってよい縁に恵まれます

不倫をすると大きなトラブルになります。

恋人とのトラブルは話し合いで解決できそうです。

九紫火星の吉方位

2024年、八白土星の人にとっての吉方位は「北東」「南東」「南西」の方角です。

これらの方位での旅行や活動は、運気の向上につながると言われています。

一方で、注意すべき凶方位は「東」「西」「南」「北西」「北」です。

これらの方角には特に慎重になることが勧められています。

特に「東」の暗剣殺、「西」の五黄殺、「南」の本命的殺、「北西」の歳破、

「北」の本命殺の方位は、特に避けるべきとされています。

これらの方角に関連する大きな決断や行動は、避けることが望ましいでしょう。

九星気学とは?9種類の特徴やどんな性質なのかわかりやすく解説!
九星気学とは?
9種類の特徴や性質
九星気学の調べ方

まとめ

九紫火星(2024)男性・女性の特徴と恋愛運・吉方位まとめ!紹介でいい人と出会う?という

内容でお届しました。

九紫火星の人は、情熱にあふれているところが魅力です。

2024年も情熱的な恋愛ができることを願っています!

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次