日本でイワシが大量死したのは地震の前触れ?過去に事例はあったの?


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4.7/5 - (4 votes)

イワシの大量死があったのは最近ですよね。

海の生物の大量発生や大量死は地震と何か

関係があるのでしょうか?

気になるのでさっそく調べてみました。

この記事でわかることは、

イワシ大量死と地震の関連性
過去の事例や大量死
地震の前触れ?

このような内容でお届けしていきます。

地震との関係はあるのでしょうか。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

イワシ大量死と地震の関連性

出典元

イワシが大量死したことは地震と何か関係があるのでしょうか?

地震前兆としてのイワシ大量死

イワシの大量死が地震の前触れである可能性は、長年にわたり議論されてきました。

地球科学の専門家たちは、水中の生物、特にイワシが地震発生前に異常な行動を

示すことがあると指摘しています。

これは、地震の前に地中から放出されるガスや地磁気の変化によって

引き起こされる可能性があると考えられています。

しかし、この現象に関してはまだ科学的な確証が不足しており、

イワシの大量死が必ずしも地震を予告するわけではないという見方もあります。

このため、イワシの大量死が地震の確実な前兆とは言えないものの、

自然界の変化に対する警戒心を持つことは重要です。

自然界のサイン

自然界は、地球上で起こるさまざまな現象に対するサインを示すことがあります。

動物の異常行動や気象の変化などは、自然災害の前触れとされてきました。

例えば、地震や噴火の前には、野生動物が異常な行動を示すことが報告されています。

また、異常気象や季節外れの天候は、気候変動の兆候として

捉えられることもあります。

これらの自然界のサインは、科学的研究により解明されつつありますが、

まだ完全には理解されていない部分も多く、自然との共生において

重要な指標となっています。

これらのサインを正しく読み解くことは、自然災害の予防や

環境保全のために不可欠です。

過去の事例や大量死

北海道のイワシ大量死

一番新しいのは2024年1月で北海道のイワシの大量死です。

北海道のせたな町で、住民からの報告により、10日の夕方に海岸にイワシが大量に

打ち上げられていることが町役場に伝えられました。

町の職員が10日と翌11日の朝に現場を調査した結果、約1キロメートルにわたる海岸線で、

前日よりもさらに多くのイワシを含む魚が打ち上げられている状況が確認されました。

能登の地震は1日だったのでそのあとに何か起こるのでしょうか。

近年のイワシの打ち上げ

2023年1月15日オホーツク海で大量のイワシの打ち上げ
2023年2月7日新潟県糸魚川市で大量のイワシの打ち上げ
2023年2月13日富山県松太枝浜で大量のイワシの打ち上げ

2023年の5月に石川県、千葉県、トカラ列島近海、新島などで震度5~6の地震が何度が来ています。

時期や場所などを見ると地震との関連性ないような気がしますね。

イワシ以外の生物の打ち上げ

2023年には、イワシのほかにも日本各地で海の生物が異常に

多く打ち上げられる現象が観察されました。

1月には、福井県の嶺南海岸や日本海沿岸でホシフグが数万匹、新潟県村上市では

最低でも10万匹が打ち上げられました。

1月17日には志積市で約1.8トンのホシフグが回収されたことが報告されています。

このほかにも、大阪湾ではマッコウクジラ、伊勢湾では

ボラや他の深海魚、湘南海岸ではリュウグウノツカイ、

兵庫県でダイオウイカ、富山県や東京湾ではリュウグウノツカイや

クジラが発見されました。

また、東京湾では100頭近くのイルカも目撃されています。

2月には名古屋市北区の堀川で大量のボラ、志賀島海水浴場では

フグの謎の大量死が確認されています。

地震の前触れ?

阪神淡路大震災

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。

震災発生の4日前に、三重県南島町沖でリュウグウノツカイが捕獲され、

また、その年の間に日本の沿岸各地でリュウグウノツカイが

10数匹打ち上げられる現象も確認されています。


リュウグウノツカイはあまり見ることがない魚で、漂着すると大地震の前兆だとも

いわれているんです。

2004年の8月に起きた紀伊半島南島沖地震の時も同じような現象があったようです。

東日本大震災

2011年3月11日の東日本大震災。

同じくリュウグウノツカイが2か月前に小田原で捕獲されています。

ほかに2011年2月13日、静岡県沼津市で、通常深海に生息するチョウチンアンコウ

異例の浅瀬で発見されました。

また、震災発生の7日前には茨城県下津海岸で54頭のクジラが座礁し、

震災の3日前には三陸海岸で348頭、茨城県で50頭のイルカが打ち上げられるという現象がありました。

これはやはり海が震源地ということと関係があるのでしょうか。

鳥がいなくなったりするのも地震が起こる前兆といわれていますよね。

まだ調べてみる必要がありそうです。

こちらの記事も要チェックです!

地震や災害に46や11の数字が関係?日時や時間から推測してみる!

たつき諒が予言する2025年7月のネタバレ!『私が見た未来』の内容って本当なの?

まとめ

日本でイワシが大量死したのは地震の前触れ?過去に事例はあったの?という

内容でお届けいたしました。

海の生物は地震がくるのを予兆しているのでしょうか。

また何かわかりましたら更新していきたいと思います。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次