13日の金曜日が縁起悪いといわれるのはなぜ?日本でのイメージについて!


※これらの記事にはプロモーションを含みます

Rate this post

13日の金曜日と聞くと何を感じますか?

・ジェイソンでしょ!
・映画?
・特に気にしない
・日本は無関係

などという声が多いです。

なぜ縁起が悪いといわれるのかなど調べてみました。

この記事でわかることは、

13日の金曜日の起源と歴史
13日の金曜日にまつわる迷信と伝説
日本における13日の金曜日のイメージ

このような内容でお届けしていきます。

日本との関係は?

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

13日の金曜日の起源と歴史

西洋文化における由来

13日の金曜日が不吉とされる西洋文化における由来には、

歴史的、宗教的な要素が含まれています。

この日に対する迷信は、特にキリスト教の伝承に由来していると考えられています。

一般的な説では、イエス・キリストが十字架につけられた日が金曜日であり、

その最後の晩餐には13人が参加していたとされます。

このため、13という数字と金曜日の組み合わせが不幸や裏切りを象徴するとされました。

さらに、歴史的にも13日の金曜日に起きた不吉な出来事が、この迷信を強化してきました。

そのため、西洋文化では13日の金曜日は避けるべき日とされ、

多くの文化的、社会的な影響を与えています。

数字と曜日の組み合わせの意味

13日の金曜日にまつわる迷信は、数字「13」と曜日「金曜日」の組み合わせに由来します。

西洋文化では「13」は不吉な数字とされ、特に「12」の次に来ることから、

不完全さや不調和を象徴するとされています。

また、金曜日はキリスト教伝承においてイエス・キリストが十字架につけられた日とされ、

不幸や悲劇の象徴となっています。

この二つの要素が組み合わさることで、特に不吉な日としての認識が生まれました。

この日付の組み合わせは多くの西洋の文化で避けられることが多く、

様々な迷信や都市伝説の源泉となっています。

13日の金曜日にまつわる迷信と伝説

世界各地の迷信とその影響

13日の金曜日に関する迷信は、世界各地で異なる形で存在し、

様々な文化的影響を与えています。

西洋文化では、この日は特に不吉とされ、多くの人々が重要な決断や行動を避ける傾向があります。

ビジネスでは、この日に契約を締結しない、旅行を避けるなどの行動が見られます。

一部の建物では、13階を飛ばすなどの対策が取られることもあります。

また、この日をテーマにした映画や小説が制作されるなど、

ポップカルチャーにも大きく影響を与えています。

他方、一部の国や文化ではこの迷信はあまり強くない場合もあり、

地域や文化によってその受け止め方に大きな違いがあります。

この日に関連する迷信は、文化的な背景や歴史的な経緯に大きく依存していることが分かります。

有名な伝説と文化的な影響

13日の金曜日は、多くの伝説や文化的な影響を持っています。

特に有名なのは、この日に関連するホラー映画シリーズ

「フライデー・ザ・サーティーンス(Friday the 13th)」で、

この作品は13日の金曜日を恐怖の象徴として広く普及させました。

また、この日は中世ヨーロッパの騎士団「テンプル騎士団」が逮捕された日としても

「知られており、陰謀論や神秘的なストーリーの元になっています。

さらに、多くの国では建物の階数から「13階」を省く、航空便のフライト番号から「13」を避けるなど、

この日を避ける風習が見られます。

このように、13日の金曜日は、西洋文化において強い迷信と文化的な象徴として認識されています。

日本における13日の金曜日のイメージ

日本文化における認識

日本における13日の金曜日の認識は、西洋のような深い迷信とは異なる形をとっています。

日本では元々、13日や金曜日に特別な不吉な意味を持つ文化はなく

西洋の迷信が伝わることで一部の人々に認知されるようになりました。

しかし、これは日本の伝統的な迷信や文化とは関連性が薄く、

比較的新しい文化の影響と見なされています。

日本のメディアやポップカルチャーでは、この日をテーマにしたエンターテイメントが

時折見られますが、日常生活において特別な行動を変えるほどの影響は少ないです。

むしろ、この日を面白みを持って捉える風潮があり、商業的なイベントや

キャンペーンで取り上げられることがあります。

全体として、日本における13日の金曜日の認識は、西洋のそれほど強い迷信というよりは、

一種の文化的な好奇心やエンターテイメントとして位置づけられていると言えます。

迷信の受容と現代社会での扱い

現代社会において、13日の金曜日の迷信は様々な形で受容されています。

西洋文化圏では、この日に不吉な出来事が起こりやすいとする迷信が根強く、

一部の人々はこの日に特定の行動を避ける傾向にあります。

例えば、重要な契約の締結や旅行の開始を控えるなどです。

一方で、多くの現代人はこれを単なる迷信と捉え、日常生活において特に

変更を加えることはありません。

また、メディアや商業では、この日をテーマにした映画、イベント、プロモーションなどが

行われることもあり、エンターテイメントの一部として利用されることが多いです。

このように、13日の金曜日に対する現代社会の扱いは、地域や個人の信念によって大きく異なり、

迷信と現実の間で多様な反応が見られます。

縁起が良くない関連記事はこちらからも!

庭の木を切ると縁起が悪い&祟られる?切ったらいけない木の種類は?

ハンカチのプレゼントは嬉しくない・縁起が悪い?海外は意味が違うの?

時計のプレゼントの意味は別れや縁起悪いって本当?友達や彼氏・彼女で調査!

まとめ

13日の金曜日 が縁起悪いといわれるのはなぜ?日本でのイメージについて!という

内容でお届けしました。

13日の金曜日は日本では映画の影響が大きかった気がしますね。

迷信といえるので気にしないで過ごすのが一般的です。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次