ドッペルゲンガーと会うと死ぬ?対処法や会う方法もあるの?


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4.7/5 - (57 votes)

ドッペルゲンガーというのをご存じでしょうか?

自分自身を見てしまうということです。

ちょっと怖いことですよね。

興味津々で調べてみたくなりました。

この記事でわかることは、

ドッペルゲンガーと会うと死ぬ?
対処法や会う方法もあるの?
ドッペルゲンガーを見たといわれている著名人

このような内容でお届けしていきたいと思います。

ドッペルゲンガーのことがよくわかります。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

ドッペルゲンガーと会うと死ぬ?

ドッペルゲンガーが「死の前兆」と噂され、遭遇すると

死んでしまうと考えられる理由については、いくつかの説がありますが、

これは主に迷信や超自然的な信念に基づいています。

霊的な重複

ドッペルゲンガーが現れることは、人の霊的な偶像を反映していると考えられています。

ドッペルゲンガーの出現は、本人の死の前兆であると解釈され本人が死亡することで

その霊的な重複が解消されると信じられている可能性があります。

魂の分裂

ドッペルゲンガーは、人の魂が分裂した姿とされることもあります。

この場合、本人とドッペルゲンガーが同時に存在することは不自然な状態であり、

そのため死の到来を予示していると考えられるかもしれません。

魔術的な存在

ドッペルゲンガーが現れることは、魔術的な現象や邪悪な存在と結びつけられることもあります。

この場合、ドッペルゲンガーの出現は、死をもたらす呪いや邪悪な力のしるし

して解釈される可能性があります。

対処法や会う方法もあるの?

ドッペルゲンガーの現象が起きると言われている理由についてご紹介します。

心霊現象によるもの

ドッペルゲンガーを見た人々が共通して口にする表現には、

ドッペルゲンガーは生気がなく、幽霊のような表情をしている

というものがあります。

これにより、ドッペルゲンガーが幽体や魂のような存在であると

考えられる説があります。

この説では、ドッペルゲンガーは生命力を持たず、肉体的な

存在ではないとされます。

その表情が幽霊のような静かで

不気味なものであることから、生命を持つ肉体とは異なる次元や

状態に存在すると解釈されます。

特定の人物の分身であるドッペルゲンガーが現れる理由については、

リンカーンの例など、自身の生霊や幽体離脱の

一種であるとする考えもあります。

これによれば、ドッペルゲンガーの出現は、何らかの

メッセージを伝えようとする霊的な存在や守護霊からの

サインである可能性があるとされます。

幽体離脱している

ドッペルゲンガーの現象と幽体離脱の間には類似性が

あるという説があります。

幽体離脱は、人が睡眠中に魂や意識が身体から離れる

現象を指します。

同様に、ドッペルゲンガーも身体から分離して別の姿として

現れるとされています。

報告によれば、ドッペルゲンガーに触れても、生身の人間の

ような感触は得られないとされます。

むしろ布のような感触であるという証言もあります。

これは、ドッペルゲンガーが物質的な実体を持たず、幽体的な

存在として現れる可能性を示唆しています。

ただし、一般的に言われる幽体離脱の現象が起こるとき、

本人は催眠状態にあることが多いです。

一方、ドッペルゲンガーに遭遇するとき、本人は意識が

はっきりしており、自身の体を動かすこともあります。

また、人間は魂や肉体だけでなく、エーテル体やアストラル体と

呼ばれる複数のオーラから成る存在であるという説も存在します。

ドッペルゲンガーの現象が起こる人々は、これらの魂のオーラの

うちのいずれかが分離しやすい性質を持っている

可能性が考えられます。

心霊現象に関する記事はこちらから

ラップ音の「ドン」や「バキッ」は心霊現象なの?その正体について!

オーブが写真に写るのは霊の仕業?

精神疾患による

一部の人々がドッペルゲンガーに遭遇したと主張する際、実際に

精神疾患を抱えている場合もあります。

精神疾患を抱える人々は、妄想や幻覚を経験したり

多重人格障害を持っていることもあります。

そのため、彼らは自身の行動を正確に把握することが難しくなり

他の人から見ればまるで別人のように見えることもあります。

精神疾患の一部の人々は、恐怖心から自らの命を絶つこともあります。

このような場合、ドッペルゲンガーの現象は現実的な存在ではなく

精神の苦悩や闘いに関連していると考えられます。

精神疾患は個々の状況によって異なる症状を引き起こすため、

一般的な規則やパターンで説明することは難しいです。

各々のケースにおいては、医学的な専門家による評価や診断が重要です。

重要なことは、精神疾患を抱える人々が適切なサポートや治療を

受けることです。

ドッペルゲンガーを見たときの対処法は?

まず、他人のドッペルゲンガーに遭遇した場合、

接触を避けることが推奨されています。

これは、ドッペルゲンガーが不気味な存在や悪運の象徴とされる

ことがあるためです。

また、他人のドッペルゲンガーと判断するのは難しい場合

ありますので、注意が必要です。

話しかけるのもちょっと怖いですよね。

一方、自分自身のドッペルゲンガーを見た場合、一撃で

仕留めるなどの対処法は現実的ではありません

ドッペルゲンガーとは、幻覚や幽体離脱などの現象とも関連が

あると考えられており、その存在が現実的なものか否かを

判断するのは困難です。

自分自身のドッペルゲンガーに遭遇した場合、

ネガティブに捉えるのではなく、何かメッセージを伝えようとしている

可能性を考えてみることも一つの視点です。

もしかすると、将来の運命を好転させるようなアドバイスを

示唆しているかもしれません。

ただし、ドッペルゲンガーの現象は超自然的なものであり、

個人の信念や解釈に基づいて理解されることが一般的です。

科学的な根拠や証拠は存在しないため、個別の状況に

応じて自身の判断や安全を最優先にすることが重要です。

ドッペルゲンガーを見たといわれている著名人

ドッペルゲンガーに遭遇したと主張している歴史上の偉人たちの中にもそのような報告があります。

芥川龍之介

帝劇と銀座で自分自身のドッペルゲンガー

遭遇したとされています。

彼は「人を殺したかしら」という未完の小説を残し、服毒自殺を遂げました。

モーパッサン

モーパッサンも晩年、執筆中の作品の続きをドッペルゲンガーから教えてもらっていると述べています。

ある日、現れたドッペルゲンガーは何も話さず、悲しい顔で頭を抱えていたといいます。

モーパッサンは不安を感じ、精神病院に入院しました。その後、1年後に死去しました。

エイブラハム・リンカーン

エイブラハム・リンカーンも自身のドッペルゲンガーについての報告があります。

初めての選挙の夜、鏡に2つの自分の顔が映り、青白い顔でリンカーンを見つめていたとされます。

リンカーンの妻は、その青白い顔があまりにも死人のような表情だったため、

リンカーンが長く生きられないかもしれないと予感しました。

ゲーテ

ゲーテも自身のドッペルゲンガーの経験を語っています。

ある日、馬で帰宅中に反対側から自分にそっくりの姿をした人物を見たと述べています。

8年後、服装を確認するために鏡を見た際、この時の服装が以前見たドッペルゲンガー

と同じであることに気付きました。

また、別の日にも自分と同じ服装の友人を見て帰宅しましたが、

その友人は雨に濡れたため、ゲーテの服を借りたと説明しました。

まとめ

ドッペルゲンガーについてお届けしました。

著名人たちまでドッペルゲンガーに出会っていたとは調べて初めて知りました。

ちょっと怖いですが自分に似ているという人は3人いるといいますよね。

だとしたらどれはどうなんでしょう。

このほかにもスピリチュアルな記事がありますのでよろしかったお楽しみください。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次