だるま女は中国の実話だった?どんな内容なのかまとめてみた!


※これらの記事にはプロモーションを含みます

3.8/5 - (5 votes)

だるま女をご存じですか?

都市伝説といわれているのですが、

実話だったとい噂を聞いたので

調べてみました。

この記事でわかることは、

だるま女は中国の実話?
日本のだるま女の話
だるま女についてネットでは

このような内容でお届けしていきます。

どのような実話なのでしょう。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

だるま女は中国の実話?

「だるま女」という都市伝説は、1980年代から話されるようになった比較的古いもので、

両腕と両脚を失った女性にまつわる怖い話です。

この話は日本だけでなく、海外起源の事件を元にして日本に伝わったとされています。

特に「見世物小屋のだるま女」という話が有名で、多くの人々に恐怖を与えてきました。

この都市伝説は、中国やヨーロッパなどの海外の事件が基になっていると言われており、

その実態や歴史的背景については謎に包まれています。

だるま女の内容とは?

1980年代初めに広がり始めた「だるま女」の都市伝説は、海外旅行中に行方不明に

なった女子大生が、後に両手両足を失った状態で見世物として展示されているのを

知人が偶然見つけるという話です。

物語の細部にはバリエーションがありますが、この基本的な枠組みは

多くのだるま女の話に共通しています。

だるま女が広まったわけ


「だるま女」という都市伝説は、元々海外で語られていた話が日本に伝わり、

日本の文化や環境に合わせて変化して広まったとされています。

多くの日本の都市伝説が実は海外起源であることも珍しくありません。

この伝説が日本で広く流布したのは、女性が大学に進学することが一般的になり、

また女性の海外旅行が増え始めた時期と重なっています。

これは社会的な変化が都市伝説の受容に影響を与えた可能性を示唆しています。

だるま女は中国の実話?


「だるま女」に関する物語が中国の実際の出来事に基づいているわけではありません

1985年に日本で上映された中国の映画『西太后』において、清の朝廷で皇帝から

寵愛を受けていた麗姫が西太后の嫉妬の対象となり、両手両足を切断される

「だるま女」として描かれていますが、これは創作上のエピソードであり、

歴史的事実ではないことに注意が必要です。

日本のだるま女の話

日本には、重度の障害を乗り越えて自立した生活を実現した女性、中村久子が実在しました。

彼女は明治から昭和初期にかけて活躍した興行芸人であり、作家でもありました。

幼少期に凍傷が原因で四肢を切断するという困難に見舞われましたが、

これを乗り越えて「だるま娘」として見世物小屋で働き始め、手を使わずに裁縫や編み物を

する芸を披露して人々を驚かせました。

その後の人生では、執筆や講演、慰問活動を通じて多くの人々に希望を与え、

その功績が認められ厚生大臣賞を受賞しました。

久子の遺した「いかなる人生にも決して絶望はない」という言葉は、

今なお多くの人に勇気を与え続けています。

チェーンメール

20年以上前にチェーンメールがあったようです。

この内容が事実である可能性が高いので、皆さんにお知らせします。

私の知り合いのA君が、友達であるB君から受けた相談内容です。
B君は、この前、中国の一人旅から帰ってきたばかりです。
以下にB君の話をまとめました・・・・・・・

B君は国内外問わずによく一人旅をする、いわゆるベテランでした。
この秋は中国に行っていました。
山々の集落を点々と歩き、中国4~5千年の歴史を満喫していたそうです。
ある集落に行く途中の山道で『達者』と書いてある店がありました。
人通りも少ネい薄暗い山道で店があるのは今思えば不思議なことですが、
そのときは『達者』という看板だけに何かの道場かなと軽い気持ちで
その店に入ったそうです。
実は、B君も後で分かった事なんですが、『達者』と書いて『ダルマ』と
読むそうです。

さて、その店の中は薄暗く、数人の中国人がいたそうです。
奥のほうに人形が並んでおり、品定めをしようとよく見ると目や口が動くのです。
そうです。達者だったのです。B君はもちろん達者など知りません。いや
知っていても本当にそれを目の前にすると恐れおののくでしょう。B君はまわりの中国
人が近づ いてくる気配がしたのですぐさまその店を出ようとしました。

そのときです。
後ろの達者の一つが喋ったのです。しかも、日本語で。
おまえ、日本人だろ。俺の話を聞いてくれ!俺は○○大学3回生の◯◯だ。
助けてくれ!』

しかし、B君は何も聞いてない、また、日本語も分からないかのように無視
して その店を出ました。

その後すぐB君は帰国し、○○大学の◯◯について調べてみたそうです。
すると、確かに今年立教大学の学生が中国に一人旅に行き、行方不明に
なっているそうです。両親も捜索願いをだしているとか。

B君はこのことをどう対処したらよいか悩んでいるそうです。
変に動いて自分も達者にされるかも。とか
何故そのとき◯◯の話をキいてやらなかったか責められるかも。とか
とにかく早く忘れたいからこれ以上は聞かんといてくれとのこと。

いやはや、私も達者の噂は知っていたものの本当に存在するとは思って
いなかっただけに、びびっています。在日中国人に尋ねたところ、戦前は
よくいたらしい。しかし、現在はそんなことをしたら罰せられるそうだ。
まぁ、当り前であるが。

しかし、中国系マフィアなどは現在も見せしめなども含めて、そういうこと
を する可能性は多いにあるらしい。

ご意見、ご感想お待ちしております。

https://to-y.net/chainmail-daruma-3197.html

このような内容のメールみたことはありませんか?


「だるま女」の都市伝説は、一時期チェーンメールとしても広まりました。

このメールは受け取った人に恐怖を煽り、特定の条件を満たさなければ「だるま女」が

現れると脅す内容でした。

インターネット初期の頃、このようなメールが急速に拡散し、多くの人々に不安を与えました。

だるま女についてネットでは

だるま女についてネットでは・・・

インターネット上では、「だるま女」に関する様々な話が流布しています。

この都市伝説は、特に掲示板や怪談を扱うウェブサイトで頻繁に取り上げられ、

多様なバージョンの物語が共有されています。

ユーザー間での情報交換により、細部が異なる様々なバリエーションが生まれ、

それぞれが「だるま女」の伝説を豊かにしています。

ネット上でのこれらの話題は、人々の興味を引き続け、都市伝説としての

「だるま女」の神秘性を維持しているようですね。

こちらの記事もおすすめになります。

天狗は実在した?鞍馬山や高尾山にいたというのは本当なの?

知らないと怖い!やってはいけない遊び・やばい儀式とは!

リンフォンの実物はあるの?都市伝説の元ネタと怖い話!

まとめ

だるま女は中国の実話だった?どんな内容なのかまとめてみた!という

内容でお届けしました。

都市伝説として話は広まりましたが、日本にはだるま娘という人が

いたのがわかっています。

彼女の言葉は胸に染みますね。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次