事故物件はやめた方がいい理由は?スーモの隠し機能で調べられるってマジ?


※これらの記事にはプロモーションを含みます

4.7/5 - (19 votes)

事故物件に住むようなことはほとんどありませんよね。

できることなら避けたい物件のはずです。

ということで事故物件はやめた方がいいのかについて

調べてみました。

この記事でわかることは、

事故物件とは?
事故物件を避けるべき理由
スーモの隠し機能と事故物件検索

このような内容でお届けしていきます。

今お住まいの部屋は大丈夫ですか?

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

目次

事故物件とは?

事故物件とは、過去に自殺や殺人などの悲劇的な出来事が起きた物件を指し、

特定の条件下で法律により告知義務があります。

事故物件の定義

事故物件とは、過去に自殺、殺人、孤独死などの不幸な出来事

発生した物件のことを指します。

これらの出来事により、物件が心理的に瑕疵(かし)物件

見なされるケースがあります

事故物件に含まれるケース

1.自殺が発生した物件

居住者が自ら命を絶ったケース

2.殺人事件があった物件

居住者が他者によって殺害された場合。

3.孤独死があった物件

居住者が孤独死をした場合。

4.火災が発生した物件

火災で人が亡くなったり、重大な損害があった場合。

事故物件の法的な扱い

1.告知義務

不動産業者やオーナーは、物件が事故物件であることを借主や購入者に

告知する義務があります。

特に重要なのは、自殺、殺人、孤独死などの重大な事故が発生した場合です。

2.告知期間

事故物件に関する告知には期間の制限があり、一般的には過去3年間

出来事を告知する必要があります。

ただし、地域や業者によってはこの期間が異なる場合もあります。

3.賃料や価格への影響

事故物件は通常、同じ条件の通常物件に比べて賃料や販売価格が

低く設定される傾向にあります。

4.告知義務違反

告知義務を怠った場合、契約解除や損害賠償の対象となる可能性があります。

5.心理的瑕疵

事故物件は心理的瑕疵物件として扱われ、その事実を知った上で契約を結ぶ必要があります。

事故物件を避けるべき理由

事故物件を避けるべき理由は主に次の通りです。

心理的な影響と不安

1.過去の事故による不安

事故物件には過去に不幸な事件や事故が発生した背景があり、

これを知ることで住む人に不安や恐怖を感じさせることがあります。

2.心理的なストレス

事件や事故の詳細を知った後、住民は常にそのことを意識し、

心理的なストレスを抱えることになります。

これは睡眠障害や精神的な不安定さを引き起こす可能性があります。

3.社会的な偏見との闘い

事故物件に住むことを他人が知ると、無理解や偏見に直面することがあります。

このような社会的な圧力は、住民にさらなる心理的負担を与えます。

価値の下落と再販売の困難さ

事故物件に関わると、その物件の価値が大幅に下落することが一つの問題です。

事故が起きたことが公知となると、その物件は「忌避される物件」

見なされがちです。

そのため、将来的に売却や賃貸を考えている場合、再販売や再賃貸が

困難になる可能性があります。

また、事故物件というレッテルが付くと、不動産市場での価格も低くなりがちで、

投資としての魅力が薄れるのも懸念点です。

さらに、事故物件には、特定の事故や事件が発生したことによるストレスや

不安を感じる人もいるため、精神的な負担も考慮する必要があります。

社会的な偏見と周囲の反応

事故物件に対する社会的な偏見や周囲の反応は、その物件の居住者や所有者に

大きな影響を及ぼすことがあります。

事故物件と知られると、その場所に対する負のイメージや好奇の目が向けられがちです。

これにより、住人は周囲からの偏見や避けられることによるストレスを

感じる可能性があります。

また、物件所有者にとっては、負のイメージが賃貸や売却の際に

障害となることがあります。

事故物件の周知度が高いほど、周囲の反応もより敏感になる傾向にあり、

社会的なスティグマ(汚名)が付きまとい、住人や所有者に不利な影響を

与えることが懸念されます。

このため、事故物件を避ける傾向が強く、その結果として物件の価値や活用の

選択肢が限られることもあるのです。

スーモの隠し機能と事故物件検索

不動産サイト「スーモ」には、ユーザーが知らない隠し機能が存在し、

その一つとして事故物件の情報検索が可能です。

この機能を利用することで、物件選びにおいてより詳細な情報を得られます。

スーモの隠し機能とは

「スーモ」に隠された機能とは、一般にはあまり知られていないですが、

物件の詳細な情報を提供する機能のことです。

これには、過去に物件で発生した事故や事件に関する情報も含まれることがあります。

この機能を使えば、物件選びの際に事故物件かどうかを事前に

知ることが可能になり、購入や賃貸の判断材料にすることができます。

事故物件の検索方法

事故物件の告知義務に関しては、アパートやマンションの

共有スペースでの死亡事故も含まれますが、別の部屋での死亡事故や

あまり利用されない共有スペースでは、その必要はありません。

SUUMOを使った事故物件の検索方法については、フリーワード検索で

心理的瑕疵」や「告知事項あり」と入力すると、関東エリアでは

複数の物件が表示されます。

これらの物件には具体的な瑕疵の理由が詳細に記載されていない

ことが多いですが、中には心理的瑕疵の存在を広告や

チラシで明示している物件もあります。

興味のある物件の情報を細かくチェックすることが重要です。

事故物件情報の精度と限界

事故物件情報の精度と限界については、いくつかの要因が関与します。

まず、事故物件とされる場所に関する情報の精度は、

不動産業者や以前の入居者、地域の噂など様々な情報源に依存しています。

しかし、これらの情報源は必ずしも正確で完全ではないため、

事故物件としての特定や情報の詳細には不確実性があります。

また、事故物件に関する法的な規定は、国や地域によって異なるため、

一概に全ての事故物件が適切に報告されるとは限りません。

さらに、事故物件に関する情報は時間の経過と共に忘れ去られたり、

意図的に隠されたりすることもあります。

加えて、オンライン上で提供される事故物件のデータベースや

アプリケーションは、ユーザーからの報告や公開情報に基づいているため、

その完全性や最新性にも限界があります。

結果として、事故物件情報は参考程度に留め、個別の物件の詳細については

直接確認するなど、慎重な判断が求められます。

こちらの記事も要チェック!

九字切りが危険と言われるのはなぜ?九字護身法について調べてみた!

関東で怖いトンネルベスト5!行ってはいけないやばいところはここ!

事故物件大島てるのサイトで最強はどこ?調べる方法やアプリも調査してみた!

まとめ

事故物件はやめた方がいい理由は?スーモの隠し機能で調べられるってマジ?という

内容でお届しました。

事故物件は安く住むことができますが、何が起こるかわかりません!

運気が下がる可能性もあるようなので気にする人は

よく考えてから決めることがおすすめですね。

さらに金運をアップして今より豊かな生活を送りたいあなたへ!

今なら金運のプロによる「特別な金運の開運鑑定」を無料で受けることができます!

40代以上の女性に多く利用されております。

これを機に金運アップを果たし、

・ 余裕のある裕福な生活

・ 好きな旅行にも行ける

・ 180度違う人生を掴んだ

人気殺到して有料になる前にアドバイスを受け、ぜひ金運アップに取り組んでください!(PR)

⇩  ⇩  ⇩

>>今すぐ【完全無料で鑑定】をするならこちら

※期間限定につきお急ぎください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや占いが大好きで常に情報を集めています。
趣味はパワースポット巡りと食べ歩きを楽しんでいます。
記事の内容については自分が気になることを、自分なりの視点で一所懸命調べて書いております。

コメント

コメントする

目次